高崎市にある小児科 小児科メイメイくりにっく

ご来院される方へ

ご来院される方へ

お持ちいただくもの

  • 健康保険証
  • 福祉医療費受給資格者証、その他各種医療証(お持ちの方)
  • 母子手帳 (予防接種・乳児健診でご来院の方はお忘れなく)
  • 診察券(再来院の方)
  • お薬手帳(他院で処方されているお薬を服用中の方)
  • 紹介状(お持ちの方)
  • 問診票(ダウンロードされてご記入された方)

健康保険証、母子手帳、福祉医療費受給資格者証などの各種医療証は、原本をご持参ください。お持ちでない場合は 自費扱いとなります。1週間以内に保険証(原本)をお持ちいただければ、自己負担分をお返しいたします。

  • 資格失効後の保険証は使用できませんのでご注意ください。

他の医療機関から処方されたお薬を服用中の方は、薬剤情報など薬の名称の分かるものをご持参ください。

お願い

感染症について

別室入り口

インフルエンザ、麻疹(はしか)、風疹(三日はしか)、水痘(水ぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふく)など、感染力の強い疾患が疑われる場合には、予約時にあらかじめお知らせいただき、インターホンからお声がけください。院内感染予防のため別室入り口へご案内いたします(混み合っている場合には、お車でお待ちいただくようお願いする場合もございます)。

また、感染予防、感染症蔓延防止のため、発熱、咳、くしゃみなどの症状がある方はマスクの着用(咳エチケット)にご協力お願いいたします。
(なお、2歳未満のお子さまのマスク着用は推奨されていません(日本小児科学会))

お子さまの様子について

呼吸が苦しそう、嘔吐した、ボーッとしている、ひきつけた、など心配な様子がありましたら遠慮なくお声がけください。優先的に診療させていただく場合がございます。

授乳室のご利用について

授乳室

診察の30分前には、食事や多量の水分摂取は控えていただくようお願いしています。お腹の触診時や、激しく泣いたときに嘔吐してしまうことがあるからです。授乳室は、診察が終了してからご利用ください。

診療の流れ

常時の基本としましては、以下の流れとなりますが、現在は、コロナウイルス地域感染状況によって、診療方法が変わることがございます。必ず「受診に関する大切なお知らせ」をご確認の上、ご来院なさってください。

① 受付

受付でお名前をうかがい、お熱を測りながらお待ちいただきます。診察券をお持ちの方は、受付の際にお出しいただくとスムーズです。その月に初めて受診される場合は、保険証および各種医療証(福祉医療受給資格者証など)の提示をお願いしております。

感染力の強い病気(冬期の発熱→インフルエンザ? 虫さされ様あるいは水ぶくれ様の発疹→水ぼうそう? 耳の下の腫れ→おたふく? 高熱と発疹→はしか?など)が疑われる場合には別室にご案内するか、お車でお待ちいただくことがございます。まずはインターホンで症状をお話しください。

② 問診&体重測定

診察の前に問診票のご記入をお願いします(問診票はご自宅でダウンロードし、あらかじめご記入されたものをお持ちいただくこともできます)。その際、前回受診より一定期間経過している場合には体重を測定します。お子さまの状態が深刻であり、早めの対処が必要とスタッフが判断した場合には、予約時間、受付順にかかわらず優先的に診療いたします。

③ 待合室

木のぬくもりを感じていただける優しい雰囲気の待合室です。床暖房も完備しておりますので、よろしければスリッパなしでおくつろぎください。待ち時間中にお子さまの様子が急変したなど心配なことがございましたら、遠慮なくスタッフにお声がけください。

待合室
④ もしもしランド

お名前を呼ばれたら、“もしもしランド” から診察室へお入りください。問診内容を踏まえて経過の確認や追加のご質問をさせていただきます。そしていよいよ『もしもし』です。

もしもしランド
⑤ 症状とお薬の説明

診察の後、病状と治療法、家庭での対応、お薬などについてご説明いたします。分からないことがありましたら、遠慮なくご質問ください。
(お薬に関しては、調剤薬局で薬剤師さんからも詳しく教えていただけます。)

⑥ お大事に

診察が終了しましたら、お会計の準備をいたします。少々お時間をいただきますので、絵本を読んだり、オモチャで遊んだり、ゆったりとお待ちください。授乳室もご自由にご利用ください。

  • ただいまコロナ対応にて、絵本・オモチャなどは撤去しています
羊
WEB予約 予防接種・乳児健診 Instagramインスタグラム@meimei_cls
小児科メイメイくりにっく羊マーク
© meimei clinic.
電話するWEB予約ページ先頭へ